agaになる原因とは?対策も知っておきましょう


agaの原因とは一体何か

agaは男性型脱毛症と呼ばれており、男性であればいつ起こってもおかしくない症状です。agaが引き起こされる原因は、大きく分けて3つ挙げられます。まず1つ目は男性ホルモンによる影響です。男性ホルモンが頭皮にある酵素と合体することで、より強力なホルモンへと生まれ変わります。強力になった男性ホルモンは毛の細胞分裂を抑制してしまうため、髪の毛の成長を止めたり抜け毛が増えてしまいます。

2つ目の原因は生活習慣の乱れです。日々のストレスを溜め込んでいたり、睡眠不足が続いてしまうとホルモンバランスが崩れてしまいます。また偏った食生活を続けていると、髪の毛の成長に必要な栄養素が行き届かなくなるため要注意です。3つ目の原因は遺伝で、生まれつき強力な男性ホルモンが生成されやすくなっています。

aga対策はどうすればいいのか

agaは進行性であるため、放置しているとどんどん症状が悪化していきます。症状が見られなくても、いつ起きてもおかしくないため予防も大切なのです。aga対策としてまず挙げられるのは、生活習慣の見直しです。睡眠に関しては、夜10時から深夜2時の間に寝るようにしましょう。この時間帯は成長ホルモンが分泌されるため、髪の毛に良い影響を与えます。また、食事は栄養バランスを考えることが大切です。特にタンパク質やビタミン類は髪の毛に良いため、積極的に摂取しましょう。さらに、洗髪時には頭皮をマッサージしましょう。血流が良くなり、髪の毛の成長を促すことができます。

agaを新宿で治療しているクリニックには、美容皮膚科の名医がいるところや、複数の治療法を自由に選べるところが目立ちます。

Share