こんなにあるのか!クリニックの膣縮小の施術方法


メスを使わない超音波による施術

膣のゆるみにコンプレックスを感じて、クリニックで膣縮小施術を受ける人は少なくありません。膣が緩んでしまう主な原因は、加齢や出産などの影響を受けることによります。一度膣がゆるんでしまうと、筋力トレーニングを行っても引き締めることができません。そんな悩みを解消する方法として、クリニックではHIFUと呼ばれる超音波による膣縮小術を行っています。膣の内側へと超音波を当てることで、筋膜層の組織に60度の熱を与えることができます。その結果、コラーゲンの生成が促されることで、膣のタイトニングを期待できるというわけです。超音波による施術では、一切皮膚を切開することがありません。また、施術中に痛みも感じることがないので、膣のゆるみに悩んでいるならだれもが気軽に受けられることが魅力と言えるでしょう。

ヒアルロン酸注入による施術

ヒアルロン酸注入による施術もクリニックで女性から支持を集めています。これは、広がっている膣の粘膜下や筋肉層にヒアルロン酸を注入していく施術のことです。膣の内壁にヒアルロン酸を注入していくので、膣の内側が狭くすることが可能です。その結果、膣のゆるみを改善することができます。そもそもヒアルロン酸は人体で生合成される物質であることから、施術を受けてもアレルギーなどが発生するリスクは少ないです。また、ヒアルロン酸注入の前は局所麻酔を施すので、痛みを感じることもありません。施術時間も10分くらいで終わるので、気軽に受けやすいと言えるでしょう。

女性は子供の出産や加齢などによって、膣が大きくなって緩んでしまう場合があります。そういった大きく緩んでしまった膣を縮小して締まりを取り戻す治療が膣縮小です

Share